アチェメックの森プロジェクト

 

 あいち小児保健医療総合センターの敷地内の雑木林を、入院患児が散策できる自然の森として、その整備を兼ねた県民を巻き込んだイベントをセンター内の東南斜面樹林地にて、2000年から年に春・夏・秋・冬の4回開催しています。

 

 春は、筍堀り・食べれる草の天ぷら、夏は、竹筒を伐って作ったそうめん流し、秋はきのこ汁、冬はクリスマスリースや門松作りとあったか鍋など、季節の自然を感じる美味しい味覚と、昆虫博士や雑木林研究会からの森の昆虫や雑木の勉強会を兼ねたイベントとなっており、親子連れの市民に大変好評なものとなっています。

 

    プロジェクトの様子(2000年)

 アチェメックの森マップ

 アチェメックの森で見られる昆虫たち

 

2020年度の活動予定(4月は新型コロナウィルスの関係で中止となりました。)

  2020年は4月19日筍掘り&春を食べる

       7月19日竹林の手入れ&流しそうめん

                      10月18日雑木林の手入れ&秋の恵み

                      12月20日雑木林の手入れと雑木のクラフトづくり&冬のクッキング

      (いづれも日曜日)に開催予定。

 

2018年度の実施状況(参加人数集計)

 

過去のアチェメックの森の活動報告

   ・春のアチェメック 2015 2016 2018

   ・夏のアチェメック 2016 2017

   ・秋のアチェメック 2016

   ・冬のアチェメック 2015 2016 2017